高速かつ安全に
仕事でもGyazoを運用

Gyazo teams

言葉では伝わらないストレスを減らそう。画像への書き込みと動画の瞬間共有により生産性を向上。


業務に使える機能群

個人用途との使い分け
Gyazo Teamsでは専用のアカウントを作成するため、個人用のGyazoアカウントとの使い分けが可能です。
閲覧権限を自由に設定
画像の閲覧権限をチーム内か、外部者も閲覧可能か選択できます。閲覧にパスワードをかけることもできます。
SSOでログインが簡単に
Google G Suiteとの連携によりメンバーは自動でログインできるため、アカウントの新規登録が不要になります。
メンバーを一括管理
ライセンスをチームで一括管理できます。またメンバーをユーザーと管理者に分けて運用できます。
サブドメイン運用
あなたのチームがアップロードした画像であることを your-company-name.gyazo.com のようにサブドメインで区別できます。
安心のセキュリティ
世界最高水準のGoogle Cloudを利用したクラウドホスティング。セキュリティ専門家による常時監視で安心して利用できます。
導入実績
Unity
SmartNews
DeNA
mixi
centercode
freee
Kayac
GMO Pepabo
pixiv
dmm

Centercode社での利用事例

Centercodeでは開発やカスタマーサポート、マネージメント業務においてGyazo Teamsにより大きな効率化を実現しています。

Gyazoはあらゆる場所で活躍しています

高品質な製品を開発しよう

要求やタスクの共有、相互レビューは開発チームに不可欠ですが、文字だけの伝達では誤解を招きます。Gyazoを使って実際の画像や動画を共有すれば、コミュニケーションの回数を減らしながら、密度をあげることができます。ストレスを減らし開発が楽しく生産的になります。

円滑なカスタマーサポート

バグレポートやサポート業務では、うまく言葉にできなかったり自然な表現が難しいこともあります。スクリーンショットの共有は問題の説明と解決のための素晴らしい方法です。コミュニケーションの頭痛のタネを減らし、新しい技術で快適なワークスタイルを提供します。

企画業務・資料作成の質とスピードを向上

企画段階では、ウェブサイトやドキュメントのキャプチャーと書き込み機能を使うことで、コミュケーションの質とスピードを確実に向上させます。 またOCRにより画像から文字を取得すれば、再利用のスピードも高まります。

使い方

  • 1
    アプリを起動し、キャプチャしたいエリアをドラッグして選択します。
  • 2
    マウスボタンを離せば自動的にスクリーンショットがアップロードされ、リンクがクリップボードに。
  • 3
    既にクリップボードにリンクがコピーされているので、貼りつけすればどこへでもシェアできます。

よくあるご質問

  • 個人用のGyazoアカウントをGyazo Teamsとは別に使い続けることはできますか?
    可能です。Gyazo Teamsでは個人アカウントとは別のメールアドレスを使って新しいアカウントを作成することになります。そのため個人用とTeams用の画像を分けて管理使用し続けることができます。
  • 個人用のGyazoアカウントの画像をGyazo Teamsのアカウントに移すことはできますか?
    可能です。Gyazo Teamsの使用開始後にこちらまでご連絡ください。
  • どのような価格設定になっていますか?
    Gyazo Teamsの価格は最初の%{min_members}人までは月額%{min_price}/チームです。その後メンバーが1人増えるごとに月額%{price}が追加されます。サインアップページをご覧の上、ご不明な点があればこちらまでお問い合わせください。
  • Slackなどのアプリで共有した画像を後から非公開にすることはできますか?
    可能です。画像を削除するか、パスワードを設定すればその画像に自由にアクセスすることはできなくなります。
  • Gyazo Teamsにはセキュリティ面でどのような機能が用意されていますか?
    通信が傍受されるのを防ぐため、全ての画像データは256bit暗号化通信の元にやり取りされます。またストレージには世界最高水準のセキュリティ技術を誇るGoogle Cloudを採用しており安心してご利用いただけます。

ビジネスの改善=コミュニケーションの改善

チーム内での意識の統一は品質の高いビジネスへとつながります。Gyazo Teamsなら今すぐそれが可能です。