Overview

GyazoAPIではGyazoの主要な機能(アップロード、画像一覧取得等)をプログラミング経由で使用することができます。
GyazoAPIではHTTPリクエストによるRESTfulなAPIを提供し、JSON形式のレスポンスを返すので、TwitterやAmazonS3などのAPIを触ったことがある方なら馴染みのある形式ですぐにお使い頂けます!

サンプル

$ curl -i https://upload.gyazo.com/api/upload -F "access_token=YOUR_ACCESS_TOKEN" \
  -F "imagedata=@/home/gyazo/greaetpicture.png"

HTTP/1.1 200 OK

{
    "image_id" : "8980c52421e452ac3355ca3e5cfe7a0c",
    "permalink_url": "http://gyazo.com/8980c52421e452ac3355ca3e5cfe7a0c",
    "thumb_url" : "https://i.gyazo.com/thumb/180/afaiefnaf.png",
    "url" : "https://i.gyazo.com/8980c52421e452ac3355ca3e5cfe7a0c.png",
    "type": "png"
}

API Endpoint

APIのエンドポイントは以下になります。

https://api.gyazo.com
https://upload.gyazo.com    (Upload API)

アップロードのAPIとそれ以外のAPIでエンドポイントが異なります。


Timestamp

全てのTimestampは以下の形式です

YYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ

Policy

違法な画像、不適切な画像をアップロードした場合や、サービスに過度の負荷をかけるような利用があった場合、そのアプリケーションを停止することがあります。